高麗人参の栽培

高麗人参サプリの人気RANKING

高麗人参の栽培は土作りからはじまり、約20年のサイクルを要します。

高麗人参TOP > 栽培

日本における高麗人参の栽培

高麗人参の原産地は中国や朝鮮半島ですが、1729年に国内での栽培に成功して以降、日本でも作られるようになりました。

ただ、高麗人参は土地の栄養分のすべてを吸収して育つため、ひとつの土地で栽培できるのは栽培者一代につき一度限りと言われてきました。

近年は土壌の改良法が進歩し、高麗人参の作付けのサイクルは短縮されつつありますが、それでも次の作付けまで十数年かかるため、非常に貴重な植物として扱われています。

ちなみに、日本では福島県会津地方や長野県東信地方、島根県松江市大根島などが高麗人参の産地として知られています。

高麗人参の栽培の流れ

高麗人参の栽培は土作りからはじまり、種まき、収穫までおよそ5年~9年ほどかかります。

ここでは高麗人参の栽培の流れを順に紹介します。

1.土作り

高麗人参の栽培において、化学肥料や堆肥の使用は濃度障害を起こし、育生を阻害する原因となります。

そのため、高麗人参の土作りでは、トウモロコシやソルガムなどの作物を青いうちに刈り取ったものを肥料として使用します。

有機物を使用した土作りは非常に手間ひまがかかり、およそ1~3年を要します。

2.種まき

高麗人参は直射日光を嫌うため、栽培には日覆いの小屋が必要となります。

このとき、まったくの日陰ではなく、朝日だけを浴びるような構造にするのがポイントです。

種をまくと、およそ4年目に開花・結実し、7~8月上旬頃に赤色の実をつけます。

3.収穫

高麗人参は茎につく葉柄によって栽培年数がわかるようになっています。

1年目には1本、2年目には2本と増えていき、6年目に6本となります。

高麗人参の収穫は4年目~6年目の時期となりますが、生育期間は水分と土壌菌による根腐れをはじめ、水害による流出や台風の被害、害虫などいろいろな障害があり、立派な高麗人参を育てるのは非常に手間がかかります。

4.土を寝かせる

高麗人参を収穫し終えたら、連作障害を避けるため、10年間ほど土を寝かせることになります。

その間は、特に人の手を加えず、自然の力で栄養分をもとに戻します。

この寝かせ期間を入れると、高麗人参の栽培には約20年ほどの期間が必要となります。

正官庄【韓国人蔘公社】

16年に一度しか取れない最高クラスの紅参をお届けします。
kgcshop.jp/

黒にんにく高麗人参【小林製薬】

≪公式≫醗酵熟成した黒にんにく・ 高麗人参を配合!1袋から送料無料
www2.kobayashi.co.jp

高麗美人【ていねい通販】

希少なプンギ産のものだけを厳選使用
www.teinei.co.jp/camp/sb025/5231.html?trflg=1

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 高麗人参の通販ランキング※効果と副作用 All Rights Reserved.